会社設立まとめ

平成18年以降会社の形態は会社法の改正によって株式会社と持分会社の2つに編成されました。持分会社は社員が出資者となって組織を構築し責任も出資範囲内での有限となります。アメリカのllCスタイルをまねて導入されたものであり日本の風土にあうような形にまとめられています。略式で.LLCまたはGK.やG.K.とついていれば合同会社ですし(同)または(ド)と表記される事もあります。

いわゆる連帯責任で運営していく形ですから社長という枠組みがなく、家族や友人などごく限られた人たちで構成されているものだけに、閉鎖的とも受け取られる事もしばしばです。個人事業主にするよりもメリットが多く将来的に株式会社にしていく展望で導入される事も多いです。定款が承認されなくても起業できる点や独りでも会社として成立するなど極めて自由度が高い事に加えて設立費用も、他の形態よりも低く独立開業の垣根が低い事も人気です。

初めて会社設立する人にとってはどれだけ垣根が低かろうとやはり不安はつきものですし、設立後の税務はついてまわりますから会計事務所などの会社設立支援サービスを使って基礎固めをしていくのが賢明です。今時のクラウドファンディングや会計ソフト活用なども代行してもらえる事も多く、利用していくメリットは大きいにちがいありません。自分たちだけでやっていけば手間取り時間がやたらかかる作業も、支援サービスなら短期間で設立可能ですから経費節約にもなりますし、補助金や助成金を募りたい時の企画書作成などのサポートも受けられます。通常初期費用無料で相談に乗ってもらえますから、お得感もあります。